人身傷害保険について

人身傷害保険(人身傷害補償保険と称するところもあります)は、自動車の任意保険に特約として付保されるもので、近年急激に加入されるケースが多いようです。

基本的には保険契約している車両に搭乗中の人が、事故により怪我した、あるいは死亡してしまったなどの場合に補償を受けることが出来るものですが、保険会社の規定にそって過失割合に関係なく損害額を計算し、その損害額を保険金として支払うというものです。
支払限度額は契約時に決めますので、当然ながらその金額以上の支払いを受けることは出来ません。

損害額(保険金)については概ね自賠責保険の支払いに準じており、治療費や休業損害、慰謝料となっています。

現状でのこの保険のメリットは、過失割合に関係なく実際の損害額を支払うという点にあり、で過失割合の問題などで相手との示談交渉が長引いても、治療が終わった時点でとりあえずご自身の損害額を保険会社が立て替えて支払ってくれることになります。
つまり保険会社は保険金を支払っておいて、最終的に相手方に対して過失割合分を求償して回収するという仕組みです。

さらに人身傷害保険は、

自分の車に搭乗中以外のときにも補償があるようになっており、記名被保険者(通常は保険契約者と同一が多い)とその家族の人が、歩行中や自転車搭乗中に自動車事故(バイク含む)によりケガをしたとか、亡くなられた場合、また同居している親族以外の車に搭乗中に、事故でケガをしたとか亡くなられた場合も補償の対象になります。

例えば、

  • 道路を歩行中にバイクに当てられてケガをした
  • 自転車に乗車中に車に轢かれてケガをした

などの場合でも、記名被保険者またはそのご家族が、このような事故に遭った場合でも、人身傷害保険から補償を受けることが可能というわけです。

では、家族とはどこまでを指すのかというと、概ね

  1. 記名被保険者の配偶者(内縁も含みます)
  2. 記名被保険者またはその配偶者と同居している親族
  3. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

のようになっており、小さいお子さんが自転車を運転していて自動車やバイクと接触したとか、大学生のお子さんが下宿先の地でバイクを運転していて事故に遭ったとかの事例がよくあります。

ところが、まさか自分の車に乗っていないときの自動車事故でも、人身傷害保険で補償されるなどとは知らず、初めて知ったというケースもよくあります。
何か事故に遭ったらとりあえず保険会社に聞いてみることも大切でしょう。

なお、以前は相手がなくても自転車で単独で転倒して怪我をした場合なども支払い対象になるケースがありましたが、さすがにこれは事故件数も多く、今ではほとんどの保険会社が対象外としているようです。
これは少々やり過ぎという気もしますので当然でしょう。

保険会社は人身傷害保険で対応する場合は、治療費について、通勤途上の事故であれば労災保険を、プライベート上での事故であれば健康保険を使用するよう求められるケースが多いようです。これは治療費用を圧縮するためのものといえます。
この場合は前回に書いた第三者行為による傷病届や第三者災害届が必要になります。


スポンサーリンク



Follow me!