改めて感じさせられたWebサイト移転とサイト運営の難しさ

昨年12月に「保険について考える」のサイトを移転させ、続けて今年1月1日に「インターネット広告館」のサイト移転を立て続けに行ないました。「インターネット広告館」については、移転の予定はなかったのですが、サイトを置いているサーバーがサービスを中止するとのことでサイト移転を余儀なくされる形になり、やむを得ずの移転となったわけですが、移転に伴なうアクセス数の減少を懸念していたところまさにその予感が的中し、思わぬショックを受けている状態です。

そもそもWebサイト移転に伴なって当面はアクセス数減少になることはネット上の情報からも予測出来ていたものの、それが現実のものになるとやはり厳しさを感じてしまいます。

正直なところ、両サイトとも長年に渡って放置に近い状態であったことには間違いないのですが、しかし、そのブランクの間も検索エンジンでは上位に表示されるページがあったことからそれなりのアクセス数があっただけに、実質的に新たにサイト立ち上げから比べると有利な面はあるかも知れないものの再スタートと大きく変わらないことになってしまいます。

Webサイトにしろブログにしろ、コツコツとコンテンツを積み上げていく地味な作業の連続のうえ、それなりのボリュームになるまでには時間を要します。また、それがないと成り立たないのが事実ですのである意味では大変です。

とはいえ起きてしまったことは仕方がないので、今回のサイト移転に伴ない、今ではあまり役に立たない情報を掲載しているページを相当数処分したこともあってサイトボリュームも小さくなってしまった分、より充実したページを積み重ねていくように頑張るしかないといったところです。

しかし、ある面では久しぶりにページを作る楽しさを味わえることとなり、事故調査レポートを書くのとは違った気持ちになっていることも事実です。また今回、そんな流れになった中で、知人がまさに1999年頃に個人的なサイトを作っていたことを思い出したとして、ネット上のキャッシュを調べたところそのサイトを発見したが、今ではとても恥ずかしくて見せることが出来ないページだったなどとのやりとりもあり懐かしさもありました。

たしかに1999年当時は私自身も個人的にサイトを作っていましたので、まさに18年ぶりぐらいに当時のサイトを見てみると、その拙さに笑ってしまう部分もありますが、人間というのは考え方や主張は長い年月でも基本的に変わらないものであると改めて感じています。

Webサイト移転などというものは、そう再々あるものではないので今回は良い経験と勉強をさせてもらったとして、新たに再スタートを切りたいと思います。
当サイトは管理人の個人事務所「オフィステイクオフ」としての公式ブログのような立ち位置で、事故調査からの交通事故に関するお役立ち情報とともに、「保険について考える」や「インターネット広告館」との連携で関連情報を出す方向になっていくものと思っています。

つまり3つのサイトを連携させて運営する形になりますが、大変でもあり楽しみでもありといったところです。

同じシニア世代の方で、サイトを運営されている方は出来ればサイト移転はしないほうが断然ラクです(笑)
しかし、やむなくサイト移転に直面するようなことになられた場合は、移転に伴なうアドバイスは提供出来るかも知れません。

やはり立ち上げ時にきちんとプランを組んでサイト作りにかかっておかないと、あとで整理するとかになると大変な作業を強いられることになります。このことを改めて思い知らされた今年の正月でした。

まあ、これもいずれ、「そんなこともあったなあ」と思える時が来るものでしょう。


スポンサーサイト




このページをご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立つとか、参考になると思われたらSNSでシェアしてくださるとありがたいです。

Follow me!