改めてドライブレコーダーの必要性を感じたこと

ここしばらく偶然ながら、対面での直進車と右折車との事故(業界では略して右直と称しています)や、一方に一時停止規制のある信号のない十字路交差点での出合頭事故などの案件が続いたのですが、いずれも当事者双方の言い分が異なるパターンのものでした。もっともこういったケースはしょっちゅうあるのですが、最近はドライブレコーダーを装着している車両が多いことから、ドライブレコーダーの画像を確認することによって正確な状況を把握することが出来ます。

しかし、ここしばらくのように双方の主張が異なるうえに目撃者も居ないとなると、どちらかの言い分を立証することが難しく、結局正確な状況を特定するのに時間を要したり手間がかかることになってしまいます。

現場状況はもちろん、車両損傷部位、損傷状態などから概ねのところは推測出来るとはいえ、やはり証拠画像に勝るものはないと言えます。

一つの例は、対向車同士の事故で、右折側は右折矢印信号の表示に従って交差点に進入したと主張。一方の相手方は青表示(この現場では直進矢印)で交差点に進入したとして真向から対決する形になっています。

交差点右直事故

交差点右直事故

現場交差点の信号表示は、通常の交差点によくある青表示に変わって直進、左折、右折について矢印表示となっています。また、右折側が右折専用レーンとなっており、よくあるように青信号で交差点に入り、交差点中央で右折待機という形は出来ないようになっています。つまり右折車は直進矢印表示のあと黄表示があり、その後に右折矢印が出た時点で停止線から発進するようになっているわけです。

事故発生時間も夕方と交通量も多い時間帯なので、右折側が直進矢印状態で発進することは考え難く、仮にフライング発進があったとしても黄表示で右折のため発進した可能性は捨て切れないといったところでしょう。

したがって直進車の青進入は説得力に欠けるといえますが、正確なところはまだまだ精査が必要な状態です。

もう一つは、これは非常によくあるケースですが、一方に一時停止規制のある交差点で一時停止規制側がバイク(原付)、もう一方は四輪車による出合頭事故です。

現場は四輪車側が橋を渡り切ったところ、バイク側は川沿いを走行して交差点にかかるという状況です。橋の欄干がけっこう高いこともあり、また原付側は上り勾配になっていますので、双方からの見通しはあまり良くないといえますが、交差点直前では双方の確認は容易に出来る状況にあります。

交差点出合頭

交差点出合頭

バイク側は一時停止をしたあとに発進したと主張していますが、停止線からは右方の確認は十分に出来る状況にありますし、四輪車は交差点に進入する前に減速しバイクの存在は認めていたが停止すると思っていたところ突っ込んで来たと主張して対立しています。
しかし、四輪車の左側面に衝突していることから、バイクが一時停止をきちんとしていたなら突っ込むことはないといえるでしょう。
しかし、これも決定的ではなくあくまでも可能性を考えたうえでの推測となります。

しばらく前に、やはり信号交差点で対向車同士、一方は右折、もう一方は左折で衝突という事故があり、左折側は青信号で左折したと主張していましたが、右折車にドライブレコーダーが装着されており、その画像から右折車は明らかに右折矢印で右折開始をした状況が確認出来たことから、左折車の主張は崩れました。

ドライブレコーダー

この事故もドライブレコーダーがなければ双方主張で対立し、決め手になるものがない状況なので揉めるもとになります。

とまあこんなことで、やはりドライブレコーダーは衝突の瞬間を記録することが出来るという点で重要なアイテムといえるでしょう。


スポンサーサイト




このページをご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立つとか、参考になると思われたらSNSでシェアしてくださるとありがたいです。

Follow me!